2005年08月20日 shii_02.gif

秘密 *東野 圭吾

東野 圭吾*文春文庫

[背表紙より]
妻・直子と小学5年生の藻奈美を乗せたバスが崖から転落。
妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。
その日から、杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。

何年か前の、広末涼子主演の映画『秘密』の原作です。
感動する!と、なんだか世間の評判もまあまあいいみたいだし、
「98年度ベストミステリー」なんてこともあって、結構期待していたのですが・・・。
私にはちょっといまいち合わなかったようです。

そもそも、このストーリーはミステリーなんでしょうか?
確かに、現実には起こりえない、不思議なことが起こっていますが、
なんかしっくりこない・・・。

それから、最後のオチもなんだかな〜と。
この最後の秘密が感動ポイントなのかもしれないけれど、
「平介、それでいいの〜!?」って感じで、とても裏切られた気分バッド(下向き矢印)
途中の平介がストーカーチックになるところも
痛々しくて、なんだかついていけなかったし。
まあ、ちょっとこんな状況になっても、絆の強い夫婦だな〜とは思いましたが。

それよりも、バスの事故加害者の運転手と、彼を取り巻く家族の話の方が、
なんか好きでした。
息子や娘が不幸に陥らなかったのはよかったなあ〜。

4167110067秘密
東野 圭吾

文芸春秋 2001-05
売り上げランキング : 1,480
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by ころりん at 21:59 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのコメント
この記事へのトラックバック
トラックバックフリーです。
↓ただし・・・
◆記事と全く関連がないもの、<宣伝><誘導>を目的としたものはこちらで削除させていただく場合があります
◆記事にリンクがない場合は、こちらからもTBさせていただく場合があります
◆多重TBはこちらで削除しますので、お気になさらずに
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

秘密
Excerpt:  映画が先か、原作が先かと意見の分れるところですが、この作品は映画が先でした。というより、東野圭吾の小説であることさえ知らずに、友人に薦められるままに映画を観た
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2006-01-12 12:43

秘密
Excerpt: 秘密 東野圭吾 妻と小学生の娘が事故に 妻の葬儀の夜、意識を取戻した娘の体に宿っていたのは死んだ筈の妻だった
Weblog: 小町屋
Tracked: 2006-02-01 09:45

秘密 東野圭吾
Excerpt: 秘密 この本は「Ciel Bleu」の四季さんにオススメしてもらいました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 グッと来ながらどこか晴れきらない読後感。 もちろん文句なんか全然な..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-01-12 05:46

『秘密』 東野圭吾
Excerpt: 『秘密』 著:東野圭吾杉田平介は,自動車部品メーカーの工場で働く40歳。妻直子は36歳、娘の藻奈美は小学校6年生である。1985年の冬、妻と娘の乗っていたスキーバスが、雪道で転落事故を起こし、妻は死ん..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2008-03-28 10:12

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。