2006年09月02日 shii_02.gif

卒業−雪月花殺人事件 *東野 圭吾

東野 圭吾*講談社文庫

[背表紙より]
七人の大学四年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。
ある日、祥子が自室で死んだ。
部屋は密室、自殺か、他殺か?
心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛かりに死の謎を追求する。
しかし、第二の事件はさらに異常なものだった。
作動の作法の中に秘められた殺人ゲームの真相は!?

最近本屋にて「東野圭吾最新作『赤い指』は加賀刑事シリーズ」
ということを知って、大好きな加賀シリーズなので
購入しようかかなり迷ったのですが
(普段は文庫本専門なもんんで・・・)
その隣に積んであった「加賀刑事の原点」という未読だったこの作品を
ひとまず先に読んでみました。
なんと加賀刑事は大学生exclamation
しかも昭和61年の作品とあって、
ちょっといまどきの(?)大学生とはイメージが違います。

さらに、東野圭吾さんの初期の作品なので、
「白夜行」等を読んだ後のようなものすごい衝撃は得られなかったけれど、
随所に作風の原点というものが垣間見られ、
そういう点でも興味深かったです。

ミステリーとしてはまあ割と普通な感じでした。
というか、雪月花之式なんたら・・・
とかいう茶道の作法を利用したトリックのところは
正直仕組みがよく分からなかったのでかる〜く読んでしまいましたたらーっ(汗)

まあそれよりも、加賀さんの人間性や
7人の仲間それぞれが抱えている問題とその関係等
青春群像っぽいところが、非常におもしろく、
さくさく読めました。
けど、かなり哀しい物語だけど・・・。

卒業―雪月花殺人ゲーム卒業―雪月花殺人ゲーム
東野 圭吾

講談社 1989-05
売り上げランキング : 49821
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by ころりん at 02:08 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのコメント
この記事へのトラックバック
トラックバックフリーです。
↓ただし・・・
◆記事と全く関連がないもの、<宣伝><誘導>を目的としたものはこちらで削除させていただく場合があります
◆記事にリンクがない場合は、こちらからもTBさせていただく場合があります
◆多重TBはこちらで削除しますので、お気になさらずに
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

東野圭吾「卒業〜雪月花殺人ゲーム〜」
Excerpt: 大学4年生の男女仲良し7人組。 それぞれが進路や恋愛に悩む中、 そのうちの1人の女性が密室になっていた自宅で殺害される。 そのナゾを解明しようとする仲間の一人、恭一郎らだが 第二の殺人が起こってしまう..
Weblog: 無節操読み散らし日記
Tracked: 2006-11-21 11:57

東野圭吾『卒業』
Excerpt: 卒業 (講談社文庫)東野 圭吾講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『卒業』を紹介します。祥子が殺された第一の殺人は密室のトリックで、それは、自殺か他殺か?茶道の雪月花之式実施時に波香が殺..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2009-11-24 12:53

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。