2005年12月01日 shii_02.gif

大奥〜華の乱〜 第7話

いや〜。
高岡早紀かっこい〜ぴかぴか(新しい)
あの時代に、右衛門佐のような考えを持った女性、
そしてそれを実践しようとしていたところ、尊敬します。
それからっ。
日の光をバックに登場した信子こと藤原紀香。
今日も出番は少なかったけど、このシーンはとてもインパクトあった〜。
恐ろしいけど、カッコいいですたらーっ(汗)
そして、信子と右衛門佐はやっぱりつながってたのねぇー。
この二人のタッグは恐ろしいー(長音記号1)

しかーし。
それ以上に恐ろしいのは、やっぱり柳沢吉保。
ついに切り札登場ですねえ。
この人も出世のためとはいえ、なかなかすごいことをしますね〜。
そして涙を流すのはいつも女性・・・。
(この言葉は深いなあ)

クライマックスに向け、それぞれどんな動きをするか楽しみです。

次項有 大奥 華の乱

posted by ころりん at 23:10 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月02日 shii_02.gif

アグリ&琢磨どうなる?

F1の2006年エントリーリストが発表されました。

『SUPER AGURI Formula 1』は含まれず、もちろん琢磨の名前もなし。
新規参入できるんでしょうか?
リスト発表後に参加が認められるためには、FIAの承認だけでなく、
他の全チームの許可が要るみたいだし・・・。
大丈夫?
「参加登録に関する手続きに不備」とか記事に載っていたけど、
新規参入に必要なお金が未払いとか、そんな風にも書かれていました。
その額、約57億6000万円exclamation×2exclamation×2
ひえ〜・・・。
やっぱりF1って、庶民のわたくしには想像もつかない世界だ。
華やかな世界だけど、裏ではいろいろな思惑やら陰謀やらが渦巻いていそうだ。
まあ私はそんなことは気にせずに、わくわくするレースが
(そしてライコネン黒ハートが)楽しく見れれば満足なのです。

2006年F1エントリーリスト
1  フェルナンド・アロンソ  マイルドセブン・ルノーF1チーム
2  ジャンカルロ・フィジケラ  マイルドセブン・ルノーF1チーム
3  キミ・ライコネン  TBAマクラーレン・メルセデス
4  フアン−パブロ・モントーヤ  TBAマクラーレン・メルセデス
5  ミハエル・シューマッハー  スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
6  フェリペ・マッサ  スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
7  ラルフ・シューマッハー  パナソニック・トヨタ・レーシング
8  ヤルノ・トゥルーリ  パナソニック・トヨタ・レーシング
9  マーク・ウェバー  ウイリアムズF1チーム
10  ニコ・ロズベルグ  ウイリアムズF1チーム
11  ルーベンス・バリチェロ  ラッキーストライク・ホンダ・レーシングF1チーム
12  ジェンソン・バトン  ラッキーストライク・ホンダ・レーシングF1チーム
14  デビッド・クルサード  レッドブル・レーシング
15  (ドライバー未定)  レッドブル・レーシング
16  ニック・ハイドフェルド  BMWザウバーF1チーム
17  (ドライバー未定)  BMWザウバーF1チーム
18  テアゴ・モンテイロ  MF1レーシング
19  クリスチャン・アルバース  MF1レーシング
20  (ドライバー未定)  スクーデリア・トロ・ロッソ
21  (ドライバー未定)  スクーデリア・トロ・ロッソ

ホンダの正式名は、ラッキーストライクかあ。
ドライバー未定のチームを含め、琢磨さんの今後に注目目です。

posted by ころりん at 23:57 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月04日 shii_02.gif

Mr.&Mrs.スミス

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディションMr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション
ブラッド・ピット ダグ・リーマン アンジェリーナ・ジョリー

ジェネオン エンタテインメント 2006-04-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む

posted by ころりん at 23:50 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(21) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月05日 shii_02.gif

ジャック・スパロウ再び

パイレーツ・オブ・カリビアンの続編
『Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest』の予告編を見ました。

アメリカ版Yahooなんて初めて見たよ・・・。
http://movies.yahoo.com/feature/piratesofthecaribbeandeadmanschest.html

字幕がないから何を話しているかよく分からないけどあせあせ(飛び散る汗)
ジャック船長が相変わらずの様子で、とても楽しみだ〜。
だいたい、この見出しの写真からしておかしい(笑)

オーリーもちょろっとしか映っていなかったけど、
なんだか凛々しくなっている感じ。

来年の夏くらいには観れるのかなあ〜。
早く観たいっ!

↓関連ころりんぶろぐ記事↓
パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち

posted by ころりん at 23:32 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月06日 shii_02.gif

気になる『フライトプラン』

ジョディ・フォスター主演
フライトプラン
2006年正月公開カチンコ

先日『Mr.&Mrs. スミス』を観に行ったときに予告が流れていたのですが・・・。
  ・飛行機の中で突然姿を消した娘
  ・子供は捜してみてもみつからない
  ・周りの人達は子供の存在自体を否定する
  ・さあなぜでしょう?
というような感じでしたが、これは話の展開が
あの『フォーガットン』に似ているではないかぁ!

主演女優が
『フライトプラン』=ジョディ・フォスター
『フォーガットン』=ジュリアン・ムーア
と、レクター博士シリーズで二人ともクラリスを演じた、というつながりもあり?!

『フォーガットン』のようなオチでないことを祈る!
しかし、公式サイトを見ると、サスペンスというよりアクションっぽい感じがあせあせ(飛び散る汗)

この映画は、パイロット役でショーン・ビーンも出演!
こちらも気になります。
今年もたくさん映画に出ていましたね〜。
また一癖ある役なのかしら?

↓関連ころりんぶろぐ記事↓
Mr.&Mrs. スミス
フォーガットン
羊たちの沈黙
ナショナル・トレジャー(ショーン・ビーン出演)
アイランド(ショーン・ビーン出演)

posted by ころりん at 23:55 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月08日 shii_02.gif

大奥〜華の乱〜 第8話

いよいよ物語りも終わりに近づいてきましたが、
最近は女同士のバトルが減って、普通の世継ぎを巡る泥沼ストーリーになってしまっている気がする・・・。
お伝もおとなしくなっちゃったし。
まあ、柳沢吉保がどこまで突っ走るのかが楽しみなのでいいけど。
彼がやっぱラスボスなのね。
けど〜。
左利きって遺伝するの???
この時代は、そういう考えだったのかしら。

音羽の正体もまあ結構あっさり判明。
まあ妥当なところかねえ。

そして!
柳沢邸に捕まっていた?人は、やっぱり成住ぴかぴか(新しい)だったのね。
どうストーリーと絡んでいくのかなあ。

次項有 大奥 華の乱

posted by ころりん at 23:15 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月10日 shii_02.gif

F組

2006FIFAワールドカップの組み合わせが決定しました。

ドイツイングランドアルゼンチンメキシコ
コスタリカパラグアイコートジボワールイラン
ポーランドトリニダード・トバゴセルビア・モンテネグロアンゴラ
エクアドルスウェーデンオランダポルトガル
イタリアブラジルフランススペイン
ガーナクロアチアスイスウクライナ
アメリカオーストラリア韓国チュニジア
チェコ日本ぴかぴか(新しい)トーゴサウジアラビア

日本は、6/12オーストラリア戦、6/18クロアチア戦、6/22ブラジル戦です。
1戦、2戦は日本時間午後10時かららしいので、リアルタイムで見れるかも。
しか〜し、ブラジル戦は午前4時・・・。
サッカーには疎いので、強豪国、有名国くらいしか知りません。
だからオーストラリアがどういうのチームなのか、まったく分からないのですが、
初戦で勝って勢いに乗ってクロアチア、ブラジルと戦って欲しいです。
ブラジル2勝して日本戦の時には主力組温存・・・なんてならないで欲しいなあ。
どうせなら、スター選手たちと戦って欲しい!

他に気になるのは、やっぱ世間でも噂のグループCですかね。
アルゼンチンは、前回大会に引き続きくじ運がないですねえ。
逆に開催国ドイツはラッキ〜手(チョキ)って感じなのでしょうか。
そして、日本が決勝トーナメントに進むと対戦することになるグループE。
こちらも厳しそう〜。
優勝はどこになるのかなあ。
それと、W杯の日本代表はいつごろ発表になるのだろう?

サッカーといえば、今日はヴァンフォーレ甲府がJ1昇格グッド(上向き矢印)
そして明日からトヨタカップサッカー
なんかW杯の話題でいっぱいで、こちらはあまり盛り上がっていないのかなあ・・・。

posted by ころりん at 23:45 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月19日 shii_02.gif

アロンソ移籍!

2007年から、アロンソさん、マクラーレン・メルセデスに移籍ですって?
こりゃまたビッグニュースですな。
2007年からは、「ボーダーフォン・マクラーレン・メルセデス」になるみたいだし。
こうなると、ライコネンとモントーヤ、どっちが残るのかなあ。
ライコネンフェラーリ移籍とか?
ルノーはどうなるのかな?
そういえば、2007年からミシュランタイヤはF1から撤退ということだし、
再来年は結構いろいろ変わるのかな。

アグリのチームも、10チーム中9チームの合意を得たみたいだし、
そろそろ決定のニュースが聞けるかな?


posted by ころりん at 23:56 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月24日 shii_02.gif

大奥〜華の乱〜 最終話

ついに終わってしまいました。
一言で言うと・・・悲しい物語だったなあ、かな。

安子は想像していたよりずっと強い人でした。
このストーリーの中で一番タフ手(グー)だったのでは?
最後の決断―吉保を生かしておく―は
なかなか彼女らしい考えだったと思います。

信子。
すごく孤独な人生だったんだろうなあ。
慣れない江戸に嫁に来たのに、旦那は見向きもしてくれないし、
子供もできないし、姑ともうまくいかないし。
ほんとに「私の人生って一体?」って考える日々だったんだろうなあ。
彼女の行動すべて理解できるわけではないけれど、
切ない気持ちは痛いほど伝わってきました。
藤原紀香、なかなかはまり役でした。

綱吉。
彼はこの物語でちょっとポイントアップですね。
最初は、安子のお母ちゃんに手を出したり、次から次へとやりたい放題で、
「なんだこいつ〜」って感じでしたが、
安子を本気で好きになってからは、なかなか成長しましたね。
そんな彼も、生まれた子供も亡くなってしまい、
また人間としてより「将軍」としてしか見られず、
孤独な人生だったのでしょう。
安子に本当に愛されたのなら、また違う歴史になったのかもしれません。

柳沢吉保。
彼もドラマ的にはなかなかおもしろい人物でしたが、
人間としてはどうなのよ?って感じかなあ。
この辺は、次のスペシャルを見たらまた感じが違うのかなあ。

史実とはまた一味違った話になっていたようですが、
なかなか楽しめるお話でした。
後半はどちらかといえば、大奥っぽい女のドロドロではなく、
権力争いのドロドロでしたが・・・。
役者の皆さんも、最初は「華がないなあバッド(下向き矢印)」なんて思ったけれど、
なかなか皆さんいい味を出していてよかったですね〜。
特に前半の小池栄子、後半の藤原紀香の存在感は抜群でした。
怪しげな北村一輝、飄々とした上様・谷原章介もよかったです。
今までの大奥シリーズも見てみたいなあ。

次項有 大奥 華の乱

posted by ころりん at 23:59 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月25日 shii_02.gif

有馬記念

ディープインパクト、ついに負けちゃいました。
最後の直線、今までのようなひょえ〜っていう伸びがなかったですね。
どうしちゃったのかな?怪我とかでなければいいけど。
とはいえ、強い強いといっても、毎回勝つなんてのはそう簡単にできるものじゃないだろうし。
2着に入ったのだからまあいいではないか・・・。
来年に期待です。

それよりも、今回が引退レースだったロブロイとタップダンスシチーがいまいちだったなあ。
コスモバルクの4着もびっくり!
そして、ハーツクライ、おめでとうexclamation×2exclamation×2

posted by ころりん at 23:54 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月29日 shii_02.gif

2005年映画ランキング

2005年ももう終わり・・・。
というわけで、今年映画館で観た映画を私的ランキングで振り返ってみます。
今年観たのは14本。もっと観たかったなあ・・・。
でも月1本の目標は達成できたぴかぴか(新しい)

 1. オペラ座の怪人
 2. チャーリーとチョコレート工場
 3. インファナル・アフェアIII 終極無間
 4. Mr.&Mrs. スミス
 5. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
 6. ナショナル・トレジャー
 7. ネバーランド
 8. コンスタンティン
 9. まだまだあぶない刑事
10. エリザベスタウン
11. 宇宙戦争
12. アイランド
13. キングダム・オブ・ヘブン
14. フォーガットン

というわけで、今年のナンバーワン映画は『オペラ座の怪人』です。
やっぱり、これは今年の春ものすごくはまっていました。
2回観に行ったし、サントラも買っちゃったし、DVDも購入(もちろん初回限定版)
世界にどっぷり浸れて、現実逃避にはもってこい?です。
『シカゴ』を観て以来、ちょっとミュージカル映画は避け気味だったけど、
なかなかいいもんだ〜と思い直せたのもよかった。

『チャーリーとチョコレート工場』は初めてのティム・バートン作品でしたが、
シュールな世界がいい感じるんるん

『インファナル・アフェアIII 終極無間』も大好きなシリーズの完結作として、
納得のいくものでした。
こちらもDVD購入。
でもまだ3作目は見直してなかったりする・・・。

今年一番がっかりだったのは、『フォーガットン』
あのオチを思い出すたびに、なんともいえない気持ちになります。
DVD版には別エンディングもあるみたいで、そっちも気になるといえば気になるけれど、レンタルする気にもなれない・・・。

観たかったけれど見逃してしまった映画もたくさんあるし、
来年公開予定で気になる映画もたくさんあるので、
これからもいっぱい観れるようにがんばりますexclamation×2

ちなみに、今年日本で公開された外国映画の興収上位10作品はこちら
次項有 http://eiga.com/buzz/051213/10.shtml

posted by ころりん at 00:51 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月30日 shii_02.gif

OUT

OUTOUT
原田美枝子 桐野夏生 平山秀幸

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2003-05-02
売り上げランキング : 25,759
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む

posted by ころりん at 23:24 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。